「不動産投資の目的は、売却益から運用益へ変化している」の嘘

「不動産投資の目的は、売却益から運用益へ変化している」の嘘

 
 
不動産投資をすすめる業者が決まって使う売り文句が

「不動産投資は売却益から運用益に変化している」

というものです。


どういうことか?と言えば、
--------------------------------------------------------
時代は変化しています。マンションを購入する層も、投資して経営する側も変化しています。
 
マンション投資・マンション経営は、マンションを購入して売却益を狙うのではなくて、
その賃貸収入による利益=運用益を目的とする投資が注目されています。

マンションのビル建物全てをではなくて、それぞれの自己資金に応じてローンを組んで、
単身者用のワンルーム一戸から始める。

これならたとえわずかな自己資金でも、頭金0でも始められる資産運用としてのマンション投資です。

ですから、退職金をご利用になっても、初心者のサラリーマンにもおすすめできます。
また節税効果もありますし、私的年金、いざというときの保険の代用にもなりえます
から、まさに現在とこれからの時代にマッチした投資のありかたと思います。

---------------------------------------------------------

つまり、
自己資金を使っても、
いや、
『借金してでもマンションを購入して、
家賃収入で安定した生活を~~』
 
と謳っているのです。



しかし、本当にこれ、大丈夫ですか?

本当に投資したマンションに対して恒久的に入居者が存在しているという保証はどこにありますか? 
家賃が下がったらどうしますか? 
最悪、誰も入居せず家賃収入が途絶えたら??



それでもあなたは、運用益のマジックを信じることはできますか?

レスキュー年金・退職金
「不動産投資の目的は、売却益
から運用益へ変化している」の嘘
3タイプある不動産投資の中でも
アパート経営をお勧めする理由
(工事中)
大手デベロッパーの投資話の
落とし穴
大手デベロッパーが出来ないこととは?
レスキュー不動産ローン・任意売却
任意売却とは
こんなお悩みありませんか?
早めのご相談で救済でき得る
ケースがあります!
当センター(協同組合)
だからできること
神奈川県不動産相談センター

横浜市中区住吉町4-45-1
横浜新関内ビル501
相談時間 10:00~18:00