大手デベロッパーの投資話の落とし穴

大手ディベロッパーの落とし穴

大手デベロッパーが提案するマンション投資は、例えば3000万円の物件を販売し、投資家に所有させ、賃貸経営させて上がってくる家賃収入の一部をマネージメントフィー(大体5%が相場)として徴収する事ができるようなシステムであり、
もし投資家がその物件を売るとなった場合、販売した時の売上で元金を返却する。
それまでは家賃が毎月入ってくるから年金がわりになるという発想でマンション投資が提案されているわけです。
 
実は、投資用の物件を買おうにも、例えば退職金(1000万や2000万程度)で購入できる物件はほとんどなく、
多くの場合、この退職金を元に借り入れをしないと実際に不動産など購入できないのが現状なのです。
しかも、退職後の人に銀行から融資がされませんから!

そのために、そこまでのリスクを犯してやろうという人は実際にはおおくはいなくて、銀行に寝かせっぱなしになっているのが現状言えるでしょう。

勿論、これではもったいないことがわかっているので、潜在的に運用を考えている人は
確かにいるのですが...

また、
こうした賃貸物件への投資では、いつ元金が返ってくるかも分かりません。

普通はある程度の期間を決めて投資を行うのですが、
満期になると延長が続いていってしまうわけで、元金が戻ってくることは非常に少なく、
ただ、その間に、上手く入居者が入れば、その賃料だけが入ってくるというのが現実なのです。

しかも物件の優劣もわからないままに単にお金だけが動いている状態であり、
どんな投資家が他にいるのかもすべて後付になっているのです。


そんな、大手の不動産投資の運営の現状に乗らされてしまって良いのでしょうか?

実際に資産を銀行に預けておくばかりでなく、それを上手く運用しながら確実に利益を得ることのできる方法はないのでしょうか?

レスキュー年金・退職金
「不動産投資の目的は、売却益
から運用益へ変化している」の嘘
3タイプある不動産投資の中でも
アパート経営をお勧めする理由
(工事中)
大手デベロッパーの投資話の
落とし穴
大手デベロッパーが出来ないこととは?
レスキュー不動産ローン・任意売却
任意売却とは
こんなお悩みありませんか?
早めのご相談で救済でき得る
ケースがあります!
当センター(協同組合)
だからできること
神奈川県不動産相談センター

横浜市中区住吉町4-45-1
横浜新関内ビル501
相談時間 10:00~18:00